福岡で人気の不動産担保ローン


不動産担保ローンが無担保ローンより有利な点

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
2月 24, 2015 at 3:18 PM

お金を借りる必要が出てきた場合に、手軽に利用できる方法としては、クレジットカードのキャッシング機能やカードローンなどがあると思います。

不動産担保ローンとカードローンなどとの大きな違いは担保の有無だと言えます。

不動産担保ローンの場合は、担保となる不動産の価値によって融資限度額が決まってきますから、不動産物件の価値によっては高額の融資を受けることが可能になってきます。

ですからまとまった金額の融資を受ける必要がある場合は、カードローンなどの無担保のローンよりはかなり有利だと言えそうです。

無担保ローンの場合は個人の信用度によって金融機関が融資限度額を決めると思いますが、いくら高収入がある人でも、万が一返済してもらえないことを考えると金融機関の方もあまり高額の融資限度額を設定することはできないようですから、どうしても融資限度額が低くなってしまうようです。

まとまった金額の融資を受けたい場合には、不動産担保ローンは無担保ローンよりも非常に有利だと言えるようです。

不動産担保ローンがカードローンのような無担保ローンより有利な点は、融資限度額が高いだけでなく、他にもいくつかあるようです。

金利の面でも無担保ローンよりもかなり低い金利で融資を受けることが可能になってくるようです。

無担保ローンの場合は信用貸しですから、万が一返済が滞った場合は、貸し倒れになってしまいますから、金融機関もそのリスクを考慮してある程度高めの金利を設定しておく必要があるようですが、不動産担保ローンの場合は最悪の場合でも担保として不動産物件がありますから、金融機関にとってもその分リスクが低くなるので、金利の面では優遇してくれて低い設定になっているようです。

また、返済期間については、金額が大きくなる場合が多いせいもあるでしょうが、長期間での返済を認めてくれる金融機関が多いようです。

ただ、万が一返済できない場合は、担保とした不動産物件を失うことになりますから、無理のない返済計画を立てる必要があるのはカードローンなどと同じになってくるようです。