福岡で人気の不動産担保ローン


不動産担保ローンと住宅ローンの違い

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
2月 24, 2015 at 3:18 PM

不動産担保ローンは不動産を担保にして金融機関などから融資を受けることを言いますが、同じような仕組みとして住宅ローンがあると思います。

住宅ローンも新築したり、購入したりする住宅を担保として設定して融資を受けますから、不動産担保ローンのひとつと言えますが、融資を受けた資金の使用目的が住宅関連のことに限定されてしまいます。

住宅ローンの場合は金利が不動産担保ローンより低い場合が多いなど、いろいろな形で優遇されている面がありますから、もし住宅の購入などのための融資が必要な場合は、住宅ローンを利用した方が良い場合が多いようです。

ただ、資金の使い道が住宅に限定されていますから、他の用途に融資された資金を使いたい場合には使えませんし、担保となる不動産の第1位の抵当権を設定する必要があるそうですし、生命保険の加入義務もあるそうですから、いろいろな条件を満たす必要があるようです。

また、融資を受けるための審査は、一般の不動産担保ローンよりも厳しくなっている場合が多いようです。